産後の赤ちゃん教室は行くべき?人見知りママが実際に行ってみた!

子育て

「赤ちゃん教室」や「育児学級」など自治体によって呼び方は違いますが、多くの自治体で0歳児向けの絵本の読み聞かせや手遊びを教えてくれる教室がありますよね。

赤ちゃんのためにも行ってみたいものの、

  • 人前で赤ちゃんに接するのがちょっと恥ずかしい
  • ママ同士の付き合いが面倒
  • 知らない人と話したりするのが億劫

などの理由から、赤ちゃん教室にへ行くのをためらっているママさんもいるのではと思います。

わたしも人付き合いが苦手で、赤ちゃんへ話しかけている姿を見られるのも恥ずかしいので、そういうサークル的なものは遠慮したいと思っていたうちの一人です。

しかし、赤ちゃんへの接し方も良くわからなかったので、意を決して赤ちゃん教室へ参加してみることにしました。

結果としては、とても楽しく、その後の育児にも役立つことがたくさんあったので、行こうかどうか迷っているお母さんに

スポンサーリンク

赤ちゃん教室の流れ

わたしの住んでいる地域では3ヶ月ごろの赤ちゃんを対象に、わらべうた、手遊び、ふれあい遊びなどを教えてくれる「赤ちゃん教室」というものが開催されています。

内容としてはこの3つ

  • 赤ちゃんの成長についてのお話
  • わらべうたや手遊び
  • お母さん同士で懇談

わらべうた・手遊びがメインで、「ららら雑巾」など赤ちゃんと触れ合いながらできる遊びをいろいろ教わりました。

ベビモ2011年4月号 手遊び歌「ぞうきんの歌」【主婦の友社】

教室は自由なムードで、途中で泣き出してしまう子や寝てしまう子、うんちしてしまったり、ミルクを飲んだりいろいろ。

これまでお出掛けの際は泣き出してしまうと周りの目を気にしてオロオロしてしまいがちでしたが、赤ちゃんしかいない会だとそういう目を気にしなくて済むので良いですよね。

うちの子も泣いてしまいましたが保育士さんがあやすのを手伝ってくれ、泣き止むとそのまま寝てしまいました。

最後の懇談では、同じグループに上にお子さんのいる先輩ママさんがいたので、保育園のことをいろいろと聞けてとても有意義な時間でした。

同じグループだった人とはLINEとか交換するのかな~?なんて思っていましたが、サクっと解散!少し拍子抜けでした。

参加して良かったこと

地域の情報が得られる

自治体で開催しているイベントの最大のメリットは、同じ地域のお母さんが集まるということです。

育児に関する情報ってネットで集められることもありますが、

  • 小児科はどこにしているか
  • 保育園や幼稚園のオススメや競争率など
  • 子連れで行けるお店の情報

など、その地域の情報はその土地で生活している人からしか得られません。

わたしの住んでいる地域は保育園ママが多いので、保育園の情報交換はさかんにしている印象でした。

何歳で保育園に入れるかや人気の園について、見学にいった感想などなど。

保活は情報戦でもありますから、保育園に入れる予定の方は地元のママさんと繋がっておくと良いかもしれませんね。

遊び方のレパートリーが増える

赤ちゃん教室に行く前までは絵本を読んだり、歌を歌ったりするくらいで、1日の中で赤ちゃんと遊ぶ時間はほとんどありませんでした。

月齢が低く寝ている時間が多かったということもありますが、なにをして良いのか分からず母親である私自身があまり楽しめていませんでした。

しかし、赤ちゃん教室でわらべうたや手遊び、ふれあい遊びなどを教わったことで遊びのレパートリーが増え、赤ちゃんとたくさん遊べるようになりました。

遊びだけでなく、話しかけたり笑顔で接することが増え、赤ちゃんに対してハイテンションでいられるようになったのも大きな変化でした。

3ヶ月の現在では、授乳のたびに30分~1時間は赤ちゃんと遊ぶようにしています。

 

また、わたしが手遊びなどしているのを見て、主人も真似して赤ちゃんと手遊びで遊ぶようになるという嬉しい変化もありました。

特に「ころころたまご」がお気に入りのようで、よく歌ってくれています!

【手遊び動画】 コロコロたまご

旦那さんに育児参加してほしいなら、まずは自分が変わることなんですかね

参加して思ったこと

人前で赤ちゃんをあやすのが恥ずかしいと思っていましたが、そんな心配は無用でした。

なぜなら、他のお母さんも一生懸命自分の子どもと向き合っていて、こっちのことなど誰も気にしていないからです。

最初は恥ずかしくて小さい声で子どもに話しかけたりしていたのですが、だんだんと自分と赤ちゃんのふたりの世界に入っていくようで、周りが気にならなくなったんです。

それ以外のときは今も恥ずかしいので慣れたり吹っ切れたわけではなく、周りのお母さんも一生懸命になっている赤ちゃん教室の独特な雰囲気がそうさせたのだと思います。

さいごに

赤ちゃん教室に参加して良かったと思う点はこの2つです。

  • 地域の情報が得られる
  • 遊び方のレパートリーが増える

初めは行くのが億劫だと思っていましたが、赤ちゃんとの遊びのレパートリーも広がるので、参加して良かったと思います。

自治体で行われている赤ちゃん教室の他にも、ベビーマッサージや絵本の読み聞かせ会など0歳から親子で参加できるイベントはたくさんあるので、積極的に参加してみると楽しいと思います。

↓こういったサイトでイベントを探せますよ!

わたしは赤ちゃん教室の他に、ベビーマッサージにも参加してみました。

ベビーマッサージはお風呂上りやお着替えのときなど普段の生活に取り入れやすいし、肌と肌の触れ合いは赤ちゃんとのコミュニケーションにも良いのでオススメですよ!